HACCP導入・実施に向けて

HACCP(ハサップ)とは、安全で衛生的な食品を製造するための管理方法の一つです。 原材料の受け入れから最終製品までの各工程ごとに、微生物による汚染や異物の混入などの危険を予測した上で、 危険の防止に繋がる、特に重要な工程を連続的・継続的に監視・記録することにより、製品の安全性を確保する衛生管理手法です。

この手法は食品規格(コーデックス)委員会から発表され、各国にその採用を推奨している国際的に認められたものです。

株式会社タケシタミートではHACCPの導入・実施に向け、各部門の担当者を集め、HACCPチームを結成致しました。

タケシタミートにおける取り組み

タケシタミートでは全工程を分析し、重要行程と判断した「金属探知」を重要管理点Critical Control Point)として上記の項目を設定致しました。
また、弊社社屋は保険所のアドバイスを基に設計を行いました。
これにより、製造工程で無駄な製品の行き来が無くなり、汚染の可能性を低く抑えることが可能です。

トレーサビリティ

牛の生産・流通の履歴情報を個体識別番号(10桁)で管理することにより、誰もが牛の出生年月日や生産者、 種別などの情報の確認を行うことがで行きます。
疾病などが発生した場合は、個体識別番号より育成履歴や当社が入荷後の全商品に関して、 流通履歴をさかのぼる事ができるため、同居牛や餌をすぐに特定することが可能です。

タケシタミートではどこの牛を使用しているのかを皆様にご確認いただき、安心してお召し上がりいただけるように、 製品には個体識別番号を記載しております。

個体識別番号を(独)家畜改良センターのホームページで入力して頂くこと によってお客様で情報を確認することが出来ます。
検索の詳細は(独)家畜改良センターのホームページをご覧ください。